よくあるご質問詳細

一覧ページに戻る

自筆遺言を書きたいのですが、どういう手順で書けば良いのですか?

遺言には、公正証書遺言と自筆遺言があります。
財産もそれほどなく、相続争いも起きる可能性が少ないけど、遺言を残しておきたいという方は、自筆遺言でも良いと思います。

書く用紙は、レポート用紙、便箋など白紙であれば基本的に何でも構いません。
そこには、まず「遺言書」と明記して「財産の内容」「誰に相続させるか」「遺言執行者」を書いて、最後に「遺言者(あなた)の氏名」と「作成年月日」を書き、遺言者の実印を押します。

faq_yuigonsyo3

「遺言執行者」とは、相続が起きた時に遺言通り、相続の手続きをしてもらう人です。執行者は、配偶者、長男、長女など相続人代表になるような方にしておくと手続きがスムーズに行きやすいので良いでしょう。
  
書いた文章を封筒に入れ、表には「遺言書」、裏には「開封厳禁」、「家庭裁判所にこのまま提出し、検認の手続きを受けてください。」という文、中身と同じ「作成年月日」「遺言者氏名」を書いておきます。
最後に実印で封印をして終了です。作成する際には、税理士や行政書士等の専門家に一度ご相談して頂く事をお薦めします。

faq_yuigonsyo4

一覧ページに戻る

まずは無料相談でお話を詳しく伺います。お気軽にご相談ください。

0120-939-243

福井県内限定 電話受付時間:8:00~18:00(平日)

無料相談 ご予約フォームはこちら

無料相談は土・日曜日も受け付けています。

PAGE TOP