分野別のご相談事例詳細

一覧ページに戻る

公正証書遺言に取り組みたいのですが、注意事項を教えてほしいです。

財産と家族の状況

相談者  母(80代)
対象者  母(80代)
相続人  長女、二女
財産状況 土地、家屋、預金、自社株、保険金

isan_jirei06

私たちが取り組んだこと

まず、公正証書は公証人役場にて2人の証人をつけて作成できます。
内容は財産分与と付言事項が明記できます。

財産分与は、誰に何を相続させるのかをはっきりと明記する必要があり、遺留分を侵害しない正しい分け方が基本となります。
全体の財産もきちんと把握し、相続税の概算計算もしてから、誰にどの財産を分けたらよいかの分け方を決定していきましょう。

また、付言事項には、被相続人の思いを基本的に何でも書くことができます。残された方にとって亡くなる方の思いを知ることは大事なことだと思います。しかし、思いについて法律的に効力はありません。
ですので、思いの遺言と財産分与は区別して考えた方がよいでしょう。また、公正証書は公になるので、そういった思いが公正証書に書き記されていると登記所や銀行などに提出したときにも公開されることになります。その場合、亡くなった方の思いやその家のことが外部の人にわかってしまいますので注意が必要です。
やり方としましては、思いは自筆で書かれて、公正証書遺言と一緒に自宅保管した方が相続人には効果があると思います。思いは自分が相続人に伝えたいことを中心に簡潔にまとめて書かれた方がよいでしょう。

上記注意事項をお伝えし、公正証書遺言と思いは別の手紙に書くことに取り組んでいただきました。公正証書遺言は、私どもが立会人にもなりました。

結果どのような状態になったか

ずっとやりたいと思われていた遺言を、公正証書というかたちできちんと作成でき、また、ご自身の思いも合わせて整理していただけたことで、ご本人にとっても、ご家族にとっても、安心してこれかの時間をお過ごしいただけるようになったと思います。

担当者のコメント

まずは、財産の把握と税金の算出。
納税資金確保のうえで、誰にどの財産をわけたいのか、思いをどう残すのかをゆっくりアドバイスできました。
ずっと遺言を書きたいといわれており、打合せを何回も重ねて、最後までお手伝いができてよかったです。
この遺言を元に相続のときに笑顔で相続ができるようにサポートしたいです。

一覧ページに戻る

まずは無料相談でお話を詳しく伺います。お気軽にご相談ください。

0120-939-243

福井県内限定 電話受付時間:8:00~18:00(平日)

無料相談 ご予約フォームはこちら

無料相談は土・日曜日も受け付けています。

PAGE TOP