TOP >福井の相続アドバイザーが行く!

いつの間にかこの時期に・・・

2018
11/10

こんにちは

相続手続きお悩み解決センターの山口です。

 

ついこの間、年始のご挨拶をしていたように思いますが

いつの間にか年末がすぐそこまで迫ってきています。

今年中にやり残したことがないかを洗い出す期間に入っている

今日この頃です。

 

年末になると確定申告や年末調整、医療費控除、贈与や近年はふるさと納税の問合せも

増えてきます。年に1回のことなので、毎年やってはいても

やはり忘れてしまうことも多く、お客様から様々なご質問を受ける機会も

この時期にはグッと増加します。

普段はなかなか接点のない方であっても、この時期になると

我々のことを少なからず思い出していただき、お問い合わせいただけることは

大変有難いことです。

 

中にはこんな事聞いても良いのかなと申し訳なさそうに

ご相談される方もいらっしゃいますが、

多くの方が難しいと感じている税金についてのことなので

遠慮なくお聞きいただければと思います。

 

1年の締めくくりを余裕を持って過ごすためにも

今から少しずつ動いていきましょう。

 

初冬

2018
11/05

相続手続きお悩み解決センターの宮司です。

こんにちは!

季節は早くも晩秋と初冬の間くらいになりましたね。

山では初冠雪というニュースがありました。

みなさんは春夏秋冬、どの季節が好きですか。

私は、夏秋が好きな季節で、冬の寒さがとても苦手です。

この時期になると年末調整、確定申告などの準備の

頃だと思います。

12月が来る前に、ちょっと早めに1年の振り返りを

してはいかがでしょうか。

今の時期なら、やり残したことや気づいた事があれば12月中で

やりきれますね。

何事も早めの準備と行動が大切になります。

 

 

 

 

心と体の健康

2018
10/30

こんにちは、相続手続きお悩み解決センターの蒲です。

すっかり秋めいてきた福井です。少し肌寒いです。

季節の変わり目、体調管理には気をつけたいですね。

体だけではなく、季節の変わり目は心もケアが必要かもしれません。

心も疲れています。疲れは日々のケアにかかっています。

例えば、

何もしない時間を改めて持つ。

お茶などをゆっくり煎れてひとりで飲んでみる。

香り効果で癒されるお風呂や寝室を整える。

小さなお花を飾ってみて愛でる。

周りへの感謝の言葉「ありがとう」を増やしてみる。

などなど。

日々ちょっとしたことが心を癒します。

とにかく心も体も元気で健康が一番です。

そんな中、弊社の提携先青山財産ネットワークスが、

専門家のお二人をお招きし11月20日(火)に心と体の健康セミナーを開催します。

講演14:00~17:00 場所 京王プラザホテル本館5F 定員200名

東京新宿ですが、参加費は無料ですのでご興味ある方はぜひご参加ください。

ゲストは五木寛之さんと順天堂大学名誉教授の佐藤先生です。

私も興味があります!

上記セミナーのお問い合わせ 青山財産ネットワークス 山本、相樂
電話 03-6439-5824

 

 

 

故人を思い出す時

2018
10/25

こんにちは。

相続手続きお悩み解決センターの竹原です。

先日、数年前に遺言を作成するお手伝いをさせてもらった方が亡くなって、

ご家族の方とお話しました。

ご家族の方は、私とはじめてお会いしたのですが、生前に、弊社の事務所の前を通るたびに

「自分が亡くなったら、ここに相談に行くんだよ」と言ってくださっていたみたいです。

そして、手続きのご相談に来て頂けました。

その際には、生前お元気だった頃の話も聞けて、

故人を偲ぶ時間を過ごすことができました。

春にした畑仕事の縄の縛り方が堅くて、収穫の際に、縄をほどくたびに、

叔父さんを思い出すそうです。(相談に来ていただいたのは姪子さんです)

私も、あったかい気持ちになりました。

遺言で手続きはスムーズに進んだようで、ほっと一安心しました。

 

地位の継承

2018
10/15

ふくい国体も閉幕し、いつもより賑わっていた街の雰囲気も、

平常に戻り少し静かになったように感じます。

県外から来られた多くの方に福井を楽しんでいただけていたら

うれしいですね。

お客様の中にも、国体のボランティアに参加された方や、

開会式に参加された方もいて、50年ぶりの国体を楽しんでおられました。

平成最後の国体ということもあり、

天皇皇后両陛下がお見えになるということで、

地元でひと目でもお目にかかれればと思っていましたが、

台風の影響で両陛下がご参加予定だった一部の予定も中止となり、

残念ながら直接はお姿を見ることは叶いませんでした。

来年には両陛下が退位されますが、

これも終活のひとつと言えるのではと感じています。

ご自身のお体のことももちろんあるかと思いますが、

お元気なうちに継承されるというのは、

その地位を渡す側にとっても、受ける側にとっても

良いことのように思います。

来年はどんな元号になり、どんな年になるのでしょうね。

最新記事

カテゴリ

過去の記事

Member

PAGE TOP