TOP >福井の相続アドバイザーが行く!

民法改正

2018
08/06

相続手続きお悩み解決センターのミヤツカです。

民法の改正があることをみなさん、

ご存知でしょうか。

40年ぶりの改正となります。

相続で関係するのが、配偶者の居住権と所有権の事があります。

例えば、自宅を相続したのが長男となっていても、

廃愚者がそこに住んでいれば、それが保証されるというのが

居住権です。相続ではこの居住権を利用すれば、他の財産を

得られる権利が増えるというものです。

詳しくは、まだまだこれから周知されていくと思いますので、

また、このブログでも解説していきたいと思います。

 

 

 

北陸ミサワホームのイベントにて終活セミナー

2018
07/29

こんにちは、相続手続きお悩み解決センター 蒲です。

7月29日(日)は北陸ミサワホームさんのオーナー様向けイベント。

50周年を迎えられそのイベントにて終活セミナーを開催しました。

ご年齢の高いオーナー様たちが私のセミナーにはご参加くださり

相続手続きウソホントから始まり、福井であった相続事例などのお話を

させていただきました。皆さま真剣にお聞きくださり感謝します。

家は家族が集う場所であり、ライフプランの中の大きな買い物。

そして、相続においても重要な財産。

住宅購入時のお金の準備の仕方でも贈与含め特例もあります。

ぜひ専門家にご相談ください。

次回の終活セミナーは9月26日(水)を予定しています。

ご興味ある方は、こちらからどうぞ。お席あとわずかです。

http://souzoku.uesaka.ne.jp/seminar/

 

相続人の連絡先が分からない

2018
07/25

こんにちは。相続手続きお悩み解決センターの竹原です。

相続人の中で、連絡をつけられない方がいるの困っている。

という相談をよく受けます。

相続人といえば、身近な親族なので、連絡先が分からない方って

そうそういないのでは・・・?と思っていたのですが、最近はそうでもないようです。

例えば、相続人よりも実子が先に亡くなっていて、孫が代襲相続人の場合。

この場合は、他の相続人である兄弟と交流がなく、連絡先がわからないことが多いようです。

このような場合でも、相続人である以上、全員の実印がないと、

預金を引出すこともできません(遺言がない場合)。

生前に、相続人の居所を確認しておくということも大切な対策だなと

思います。

今年も路線価が公表されました!

2018
07/20

相続手続きお悩み解決センターの辻です。

 

今年も路線価が公表されました。

 

相続税を計算する際に、土地の評価をしなければなりませんが、

土地の相続税評価を出すために使われるのが路線価です。

 

路線価はその路線に面する土地の1㎡当たりの金額となりますので

例えば300㎡の土地で路線価200千円の道路に面している土地で

あれば、60,000千円の評価ということになります。

ただこれは形の整ったきれいな土地であればこれでよいのですが、

土地には間口が狭かったり、奥行があったり、角地だったり、

形がいびつな土地だったりとなどいろいろな土地があります。

これを評価に反映させるために様々な補正率があります。

 

ご自分でざっくりと計算される際には面積に路線価を乗じて

計算すればおおよその評価は出ますので、簡易的に

自分が所有する土地はどのくらいの評価になるのか

相続税がかかるのかということを見るとよいでしょう。

 

正確な評価はお近くの税理士などの専門家にお聞きになって下さい。

危機管理

2018
07/15

相続手続きお悩み解決センターの石田です。

西日本豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、

被災された方々が一刻も早く、心穏やかな生活に

戻れるよう微力ながら少しでも支援したいと思います。

 

近年、毎年のようにこうした自然災害による被害が

相次いでいます。

相続は誰にいつ起こるかわからないということを、

こうした災害からも改めて気づかされます。

災害への危機管理の重要性は皆さん感じていると思いますが、

万が一、災害等によって突然の相続が起きてしまったときの

ことも一つの危機管理として考えておく必要があると思います。

 

今、突然自分や親、夫や妻など家族を支える大切な人が

亡くなったら、残された家族にどんな負担があるのか?

考えておくというのは、思うだけでは意味がありません。

ぜひ実行してください。

最新記事

カテゴリ

過去の記事

Member

PAGE TOP