TOP >福井の相続アドバイザーが行く!

宮司幸仁

秋の知らせ

2018
10/05

相続手続きお悩み解決センターの宮司です。

そろそろ秋の風が吹き始めました。

食欲の秋、読書の秋といいますが、

本当にそうですね。食事が美味しくなる秋です。

先日、タレントの樹木希林さんが亡くなれたのがニュースに

なっていました。

私はファンの一人でして、この方の話すTVはとても

興味深く見させてもらいました。

印象に遺る言葉は「人は亡くなったら、人の中に生きる」

「人の死は人生のあたりまえの一部分。だから私は友人が亡くなっても、

特に悲しんだりしないの」という言葉です。

この人の言葉を聞くと、とても心が和らぎ、幸せになります。

私も人に幸せを感じてもらえるような存在でありたい。

何かできる事、役に立てる事を常に探求する毎日です。

 

 

遺言

2018
09/05

相続手続きお悩み解決センターの宮司です。

みなさん、お元気でしょうか。

最近、遺言を遺したいという方が増えています。

家族の多様化、核家族が増えている事が背景にあるようです。

先日、ご相談にこられたM様は、子供が三人いて、

二人とはもう音信不通

相続では、連絡の取り合っている一人にすべて財産を渡したいという

相談でした。

それに対して公正証書遺言をお薦めし、それに

M様の財産状況と渡したい方への想いを記す予定です。

遺される家族のために、今できる事を

一緒に考えましょう。

 

民法改正

2018
08/06

相続手続きお悩み解決センターのミヤツカです。

民法の改正があることをみなさん、

ご存知でしょうか。

40年ぶりの改正となります。

相続で関係するのが、配偶者の居住権と所有権の事があります。

例えば、自宅を相続したのが長男となっていても、

廃愚者がそこに住んでいれば、それが保証されるというのが

居住権です。相続ではこの居住権を利用すれば、他の財産を

得られる権利が増えるというものです。

詳しくは、まだまだこれから周知されていくと思いますので、

また、このブログでも解説していきたいと思います。

 

 

 

相続税がかかる財産 かからない財産

2018
07/06

相続手続きお悩み解決センターの宮司です。

梅雨が真っ只中のおり、みなさんご機嫌いかがでしょうか。

昨今の相続無料相談で多い質問のひとつに

「相続税のかかる財産、かからない財産は何でしょうか」

というご質問があります。

相続税がかかる財産は

現金預金、株式、土地家屋、保険金、家財などがあります。

かからない財産は

墓地、墓碑、仏壇仏具や公益事業用の財産などです。

相続税は、相続税がかかる財産を税法に基づいて

評価し、それに財産金額に応じた相続率を乗じて計算します。

相続対策は、来る相続に備えて、財産をどう減らすか、という

事があります。

まず相続税がかかる財産か、かからない財産か。

それを知って頂くために無料相談に来て頂きたいと

思います。

 

 

遺言

2018
06/05

相続手続きお悩み解決センターの宮司です。

最近、また遺言を残したいという方が増えています。

なぜ、増えているのかを自分なりに考えてみると、

ひとつには家族間の距離が昔より、少し遠くなっているのはないか、

と感じるのです。

昔は一つ屋根の下で、二世代、三世代が暮らす事がよくありましたが、

それも年々減り続け、一世代世帯が目立っています。

その中で、家族のつながりが薄れ、親子間の意思疎通がとりにくくなり、

遺言という言葉に残したいと、思うようになったのでは、と

自分なりに考えました。

伝え方は様々なので、しっかりした言葉で残す遺言はお薦めです。

想いを伝えたい、私たちがサポートさせていただきます。

最新記事

カテゴリ

過去の記事

Member

PAGE TOP