TOP >福井の相続アドバイザーが行く!

宮司幸仁

民法改正

2018
08/06

相続お悩みお悩み解決センターのミヤツカです。

民法の改正があることをみなさん、

ご存知でしょうか。

40年ぶりの改正となります。

相続で関係するのが、配偶者の居住権と所有権の事があります。

例えば、自宅を相続したのが長男となっていても、

廃愚者がそこに住んでいれば、それが保証されるというのが

居住権です。相続ではこの居住権を利用すれば、他の財産を

得られる権利が増えるというものです。

詳しくは、まだまだこれから周知されていくと思いますので、

また、このブログでも解説していきたいと思います。

 

 

 

相続税がかかる財産 かからない財産

2018
07/06

相続お悩み解決センターの宮司です。

梅雨が真っ只中のおり、みなさんご機嫌いかがでしょうか。

昨今の相続無料相談で多い質問のひとつに

「相続税のかかる財産、かからない財産は何でしょうか」

というご質問があります。

相続税がかかる財産は

現金預金、株式、土地家屋、保険金、家財などがあります。

かからない財産は

墓地、墓碑、仏壇仏具や公益事業用の財産などです。

相続税は、相続税がかかる財産を税法に基づいて

評価し、それに財産金額に応じた相続率を乗じて計算します。

相続対策は、来る相続に備えて、財産をどう減らすか、という

事があります。

まず相続税がかかる財産か、かからない財産か。

それを知って頂くために無料相談に来て頂きたいと

思います。

 

 

遺言

2018
06/05

相続手続きお悩み解決センターの宮司です。

最近、また遺言を残したいという方が増えています。

なぜ、増えているのかを自分なりに考えてみると、

ひとつには家族間の距離が昔より、少し遠くなっているのはないか、

と感じるのです。

昔は一つ屋根の下で、二世代、三世代が暮らす事がよくありましたが、

それも年々減り続け、一世代世帯が目立っています。

その中で、家族のつながりが薄れ、親子間の意思疎通がとりにくくなり、

遺言という言葉に残したいと、思うようになったのでは、と

自分なりに考えました。

伝え方は様々なので、しっかりした言葉で残す遺言はお薦めです。

想いを伝えたい、私たちがサポートさせていただきます。

連休も後半に入りました。

2018
05/05

相続手続きお悩み解決センターの宮司です。

連休も後半になりましたが、みなさんいかが

お過ごしでしょうか?

ゴールデンウイークに帰省されて、久しぶりに

ご両親、ご親戚と話をされる時間もあると思いますが、

この機会に、将来の事、相続になった時の事をふと話題に

するのはどうでしょうか。

でも、いきなり財産の事を聞くのは抵抗がありますね。

そんな時は、日々どんな生活をしているか。趣味は何なのか。

相続について将来どんな風に考えているのか等、軽い話をするだけでも

有効な相続対策の情報になると思います。

ご両親と離れて暮らす事が当たり前になった昨今、

その分、たくさん話をして家族の絆を深めてほしいと思います。

 

 

確定申告も来週が締切

2018
03/05

相続手続きお悩み解決センター 宮司です。

確定申告は来週15日が締め切りとなっています。

みなさんは、もうお済でしょうか。

私たちも、お蔭様で多くのお客様から、申告のご依頼を受けていますが、

私が感じたのは、いつもの年よりも土地の譲渡申告が多い事と

株式の売却で割と利益が出ている方が多いという事です。

資産処分、投資、そして資産運用が進んでいるではないでしょうか。

世界情勢も、何か良い雰囲気になっており、

株式投資をはじめ、資産運用に明るい兆しがあるように感じます。

確定申告締切りまで、後数日、お忘れの方は

早めの行動をしてくださいね。

最新記事

カテゴリ

過去の記事

Member

PAGE TOP