TOP >福井の相続アドバイザーが行く!

石田典子

ほっとする場所を目指して

2019
01/15

あけましておめでとうございます。

相続手続きお悩み解決センターの石田です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年もたくさんの方にご相談に来ていただき、

お一人お一人のご相談から多くの学びがありました。

直接は私たちが解決することはできないご相談もありますが、

「話を聞いてもらっただけでも少し楽になった」

とおっしゃっていただけた方もいて、

それこそが、私たちが目指している「ほっとする相続」

なのかもしれないと感じた瞬間でした。

どこに相談してよいかわからないというときに、

とりあえず行ってみよう!話を聞いてもらおう!

という身近な場所になれればと思います。

そして、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

今年もほっとする場所を目指して頑張ります!

 土地の現況把握

2018
12/17

相続手続きお悩み解決センターの石田です。

相続税申告をさせていただくために土地の評価をさせて

いただくときは、必ず現地に行って現状確認と実測をします。

登記情報が確認できる謄本や、地図で確認した情報とは、

現地に行ってみると少し違っていたりすることがあります。

普段、管理されていた方が亡くなってしまうと、

残されたご家族はよく知らないということも多く、

聞いていた話と違う・・・なんていうこともあります。

相続が起きる前に、土地の現況を把握するため、

現地を見て回ったり、書類を集めて実態と比べてみたり、

整理してみると新たな事実が出てくるかもしれません。

ややこしい問題が出てきたときは、

把握している方がいるうちに必要な手続きをしておくなど、

終活の一つとして整理してみてもよいのではないでしょうか。

 

私たちにご依頼いただければ、

土地の情報や写真を文書にまとめて、ご家族と共有したり

定期的に整理していくレポートを作成させていただきます。

ご希望の方はぜひご相談ください。

 

生前相談のすすめ

2018
11/15

こんにちは。

相続手続きお悩み解決センターの石田です。

朝晩が冷え込んできて、風邪をひいている人も多いようですね。

そういう私もその一人です・・・。

 

先日、数年前から弊社に何度かご相談に来ていただいていた

お客様が急逝されました。

少しずつ将来のご自身の相続に向けて整理されており、

まだその途中であったかと思います。

遺言なども完成したものはなく、きっとこれから作成しようと

されていたのかもしれません。

遺言書というカタチでは残せずに旅立たれてしまわれましたが、

生前、私どもにご相談いただいていたことで、

財産内容や生前の想いを把握されていなかったご家族の方々に、

私どもが亡くなった方と共有していた情報や資料をもとに、

ご説明やお話をすることができました。

こういったことも、生前に専門家に相談しておくメリット

なのかもしれないと感じました。

少しでも皆さんのお役に立てればと思いますので、

弊社の無料相談もどうぞご利用ください。

地位の継承

2018
10/15

ふくい国体も閉幕し、いつもより賑わっていた街の雰囲気も、

平常に戻り少し静かになったように感じます。

県外から来られた多くの方に福井を楽しんでいただけていたら

うれしいですね。

お客様の中にも、国体のボランティアに参加された方や、

開会式に参加された方もいて、50年ぶりの国体を楽しんでおられました。

平成最後の国体ということもあり、

天皇皇后両陛下がお見えになるということで、

地元でひと目でもお目にかかれればと思っていましたが、

台風の影響で両陛下がご参加予定だった一部の予定も中止となり、

残念ながら直接はお姿を見ることは叶いませんでした。

来年には両陛下が退位されますが、

これも終活のひとつと言えるのではと感じています。

ご自身のお体のことももちろんあるかと思いますが、

お元気なうちに継承されるというのは、

その地位を渡す側にとっても、受ける側にとっても

良いことのように思います。

来年はどんな元号になり、どんな年になるのでしょうね。

前向きな終活

2018
09/18

相続手続きお悩み解決センターの石田です。

2018年9月15日。
女優の樹木希林さんが亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

全身ガンを患いながらも女優業を続けられており、
たまにTV等でお話されているのを拝見しても、
発せられる言葉や生き方が素敵だなと感じることも
多かったです。

ガンの告知を受けてから、終活をされていたことを
何かの番組でお話されていました。

人生の終りの準備ができることは良いことだという
お話もされており、そういう風に捉えられるところも
素敵だなと思います。

相続の話をすることや、遺言をすることなど、
いつかの死に向き合うことに抵抗がある方も
いらっしゃると思いますが、
終活は後ろ向きな活動ではなく、前向きなものだと思います。

自分のためでもあり、何よりも家族のため、

お世話になった方々のために、

前向きな終活をおすすめします。

最新記事

カテゴリ

過去の記事

Member

PAGE TOP