TOP >遺言のススメ

遺言のススメ

遺言の大切さ

最近では、「相続」よりも「争続」のご相談が増えています。争続とは、兄弟や親子、親戚で家族の相続を通して争うことです。
また、財産分けが決まらず家庭裁判所で争ったり、身内同士が感情論で言い争ったり、相続がスムーズにいかない状態のことです。

「うちは、相続税がかからないし、うちの子供たちに限って争続なんて関係ない!」 と思われている方は要注意です。
現在、争続がおきる割合は 5件に1件といわれています。そして、年々家庭裁判所への相続関係の 相談件数の推移が上昇して いる状況です。 残念ながら、このような現状の中で、自分の家の相続は大丈夫と言い切れる方は 少ないのではないでしょうか。
財産があってもなくても、税金がかかってもかからなくても、残された家族は、故人の財産を分けたり、遺品を整理したりすることに なります。そのときにスムーズにそして今後の親戚、家族関係がよりよくなるようにしたいものです。

皆様は何か争続にならないための ”対策”をうっていらっしゃいますか?私たちが考える相続対策は、残された方が笑顔で相続できることを目指しています。その最初に取り組む相続対策が『遺言』だと考えています。

遺言がある場合、ない場合はこんなに違います

こんな方にお勧めしたい!!

遺言の主な種類

公正証書遺言
これは、2人以上の証人の立会いの下、遺言を遺したい人が公証人に遺言の趣旨を伝え、公証人がそれを筆記し遺言者及び証人が筆記、正確なことを承認した後に、各自がこれに署名押印し、公証人が法律に従って作成された旨を付記及び署名押印することによって成立する遺言です。
  • 書式として確実
  • 秘密が守られる
  • 安全性・確実性
  • 家庭裁判所の検印が不要
自筆証書遺言
遺言を遺したい人が、遺言書の全文・日付・氏名を自署し、これに押印することによって成立する遺言です。
  • 費用がかからない
  • 証人もいらない

まずは無料相談でお話を詳しく伺います。お気軽にご相談ください。

0120-939-243

福井県内限定 電話受付時間:8:00~18:00(平日)

無料相談 ご予約フォームはこちら

無料相談は土・日曜日も受け付けています。

PAGE TOP